ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
参考文献(とみ子著書)

「現代俳句大系 発刊特集の句集余話」で室生朝子氏は「しぐれ抄」の中で、「昭和十四年の十一月に、発病以来、一年間無事であったことの祝いに、父は一冊の句集を編んだ。
『しぐれ抄』室生とみ子句集 限定百冊、風流陣文学叢書、風流陣発行
和綴じの小さい本で昭和十二・十三・十四年作の三十八句が収められてある。」
「母が死んで間もなく、父は『かげろふの日記遺文』で野間文学賞を受賞した。その時の賞金の使い方のひとつとして、とみ子遺稿集の出版を発表した。そして、昭和三十五年三月一日、限定二百五十部『とみ子発句集』を出版した。」との記載があります。


雑誌「俳句」八月號
室生とみ子 著他
角川書店刊
昭和28年8月1日発行
参考価格 2,000 ~ 3,000円
室生とみ子著の「夕がほ抄」として俳句五十三句が掲載されています。
編集部後記として「室生とみ子さんは犀星先生の奥様です。そのかみ、室生先生を中心とした詩人の俳句會があり、『風流陣』という潚洒な小雑誌がこの會から出てゐて、俳壇に新風を送ってゐました。女史は、その中で異彩を放たれ、「しぐれ抄」の句集は私どもにゆたかな詩興を感じさせて頂いたものです。」との記載がありました。
とみ子発句集 私家版 限定二百五十部*2
室生とみ子 著
遺著編集所刊
昭和35年3月5日発行
参考価格 8,000 ~ 12,000円
ひるがほ抄*2
室生とみ子 著
冬至書房刊 四六判、函
昭和41年3月26日発行
参考価格 1,000 ~ 2,000円

フッターイメージ