ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
昭和35年に出版された著書

火の魚
短篇小説集
この「火の魚」を2009年にNHK広島放送局がドラマ化し、平成21年度 第64回文化庁芸術祭大賞(テレビ部門・ドラマの部)を受賞しています。

火の魚
中央公論社刊
昭和35年3月25日発行 四六判 函、帯 初版8,000部発行、その他再版
装幀 著者
参考価格 5,000 ~ 10,000 (帯欠 4,000 ~ 5,000)
入手困難度 ★★★
この時代は、ほとんどが犀星自身の装幀によるものです。書籍に対する犀星のこだわりが強くでています。
ドラマの影響で最近市場に出てくる数が激減しました。
初版8,000部と比較的発行部数が多いにもかかわらず、ヤフオクでも帯欠で3,000円を超える価格で落札されています。
昭和35年4月25日には、再版が出版されています。内容はまったく同じですが、紙質などが悪いものに変更されているようです。
火の魚(初版)函
火の魚(初版)本
火の魚(初版)奥附
火の魚(初版)帯

告ぐるうた
長編小説

告ぐるうた
講談社刊
昭和35年7月10日発行 四六判 函、帯 初版10,000部発行
装幀 著者
参考価格 1,500 ~ 3,000 (帯欠 1,000 ~ 2,000)
入手困難度 ★
帯付および函の印刷が鮮明に残っているのは少ないようです。帯には中村光夫氏、河上徹太郎氏の誌評が記載されています。書影は函の元パラ付きのものです。
告ぐるうた(初版)函、帯
告ぐるうた(初版)本
告ぐるうた(初版)奥附
告ぐるうた(初版)帯
生きたきものを
随筆集

生きたきものを
中央公論社刊
昭和35年10月20日発行 四六判 函、帯 初版10,000部発行
装幀 著者
参考価格 3,000 ~ 4,000 (帯欠 1,000 ~ 2,000)
入手困難度 ★
発行部数が多いためか市場でも多く流通していますが、日焼けしているものが多く、帯付美品を探すのは一苦労です。既に3冊以上所有していますが、綺麗な帯付は貴重です。書影は、元セロハン附きの状態の良いものです。
生きたきものを(初版)函
生きたきものを(初版)本
生きたきものを(初版)奥附
生きたきものを(初版)帯
帯には、「愛といふにはあまりにも崇高な愛を貫き通した、人間室生犀星が綴る切々たる亡き妻の記!」と書かれています。


二面の人
短篇小説集

二面の人
雪華社刊
昭和35年12月15日発行 四六判 函、帯 初版3,000部発行
装幀 著者
参考価格 4,000 ~ 5,000 (帯欠 1,000 ~ 2,000)
入手困難度 ★
この1冊も比較的市場に多く流通しています。「室生犀星書目集成」では、帯の記載はありませんが帯付です。中央公論社から出版されているものと装幀が良く似ており、この時期の装幀の特徴となっています。
二面の人(初版)函
二面の人(初版)本
二面の人(初版)奥附
二面の人(初版)帯
帯には、「みずみずしく、つややかなイメージで、鮮やかに女性の美しさ妖しさを表現した犀星文学の結晶!」と書かれています。



                  ←前ページ    次ページ→

フッターイメージ