ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
昭和16年上期に出版された著書

信濃の歌
短篇小説集

信濃の歌(初版)
竹村書房刊
昭和16年3月20日発行 四六判 函
装幀 著者
参考価格 3,000 ~ 6,000
入手困難度 ★★★
深緑色の綺麗な装幀の本です。なかなか状態の良いものは少ないようです。
信濃の歌(初版)函
信濃の歌(初版)本
信濃の歌(初版)奥附

信濃の歌(再版)
竹村書房刊
昭和17年1月20日発行 四六判 函
装幀 著者
参考価格 2,000 ~ 4,000
入手困難度 ★★★★
初版に比べて見ると直ぐにわかりますが、本の色が函の共色から白色に変更されています。奥附の印刷、発行日付には、初版、再版などの記載がありません。そのため初版と勘違いされることも少なくないようです。奥附をよく見ると下部に横書きで「昭和十六年二月二十日初版発行」との記載があります。再版の際に、敢えて変更したようです。
その他に、奥附の検印紙も省略されています。
信濃の歌(再版)函
信濃の歌(再版)本
信濃の歌(再版)奥附

「信濃の歌」初版、再版の本

初版(左)は、函と共色の草色に対し、再版(右)は、白色に変更されています。
また、著書名である「室生犀星室生犀星」のピッチが再版では狭く変更されています。
確かに、初版では、少し間延びしたように見えます。犀星は、初版の出来上がりを見て、再版で修正を入れたように考えられます。

信濃の歌(別版)
清水書房刊
昭和21年1月18日発行 B6版 紙装薄表紙
参考価格 1,000 ~ 2,000
入手困難度 ★★
軽装の別版として清水書房より出版されています。
奥附は、裏表紙カバーの裏面という非常に珍しいものです。定価が拾円に訂正されています。
信濃の歌(別版)表紙
信濃の歌(別版)裏表紙
信濃の歌(別版)奥附

戦へる女
長編小説
初出は、非凡閣から出版された「室生犀星全集 巻1」(昭和11年9月15日発行)で、書き下ろしとして掲載されています。その後、単行本として明石書房より出版されました。
巻頭の「序」で、犀星は「本篇は『全集』のために特に数年前に書き下ろしたものであるが、私の唯一の長篇小説であり、もはやこういう人物をあつかわなくなった私のために、苦しかった作家生活を回顧せしめるものであり、襟を正して私はきのうの文学に別れたいのである。」と書いています。
戦へる女
明石書房刊
昭和16年4月17日発行 四六判 函
装幀 岡田富蔵
参考価格 4,000 ~ 6,000
入手困難度 
★★★★★ 
三刷はときどき市場にでてきますが、初版、函附きはほとんどでてきません。先日、ヤフオクで落札しました。貴重な1冊です。その後、函附きの2冊目をヤフオクで落札しました。
戦へる女(初版)函
戦へる女(初版)本
戦へる女(初版)奥附

戦へる女(三刷)
明石書房刊
昭和16年10月25日発行 四六判 函(未確認)
装幀 岡田富蔵
参考価格 3,000 ~ 4,000
入手困難度 ★★★ 
なぜか、市場に出てくるのは三刷が多く、初版、再版はほとんどでてきません。三刷では、印紙のデザインが変更されています。三刷の印紙には、本の裏表紙に記載されている半獣神がデザインされています。
戦へる女(三刷)表紙
戦へる女(三刷)裏表紙
戦へる女(三刷)奥附
半獣神の印紙が特徴

戦へる女 上製本(三刷)
明石書房刊
昭和16年10月25日発行 四六判 函(未確認)
装幀 岡田富蔵
参考価格 4,000 ~ 5,000
入手困難度 
★★★★★
通常本が紙装薄表紙、角背に対し、この一冊は紙装厚表紙、丸背と所謂上製本の装幀となっています。但し、通常本と奥附の内容も同じで、定価もまったく同じです。上製本というより、異装本のカテゴリに入るかもしれません。
このことは「犀星の異装本」の頁にも紹介しています。
現状は、函欠ですが初版には函があったことから、この上製本においても函が存在したものと思われます。
戦へる女 上製本(三刷)表紙
戦へる女 上製本(三刷)裏表紙
戦へる女 上製本(三刷)奥附

長篇小説「戦へる女」の各版の背の写影です。
左側から
・初版(函)
・初版(本)
・三版(通常本)
・三版(異装本)

三版(異装本)は、丸背になっています。残念ながら、再版(二版)と三版の函が入手できていません。


                  ←前ページ    次ページ→

フッターイメージ