ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
童話集「鮎吉・船吉・春吉」の謎

「鮎吉・船吉・春吉」は、犀星の最初の中篇童話集で、巻頭の「はしがき」に犀星が、「三吉ものがたり(鮎吉・船吉・春吉) は長いものですが、こんな長いお話もはじめてかいたものです。」と書いています。
また、この記載から当初から題名は「三吉ものがたり」であったことが判ります。
童話集として出版するにあたり、三人(鮎吉・船吉・春吉)のものがたりであることをわかりやすくするために題名を「鮎吉・ 船吉・春吉」としたものと思われます。
 しかし、改版の昭和21年8月15日発行の新洋社刊では、「三吉ものがたり」と改題しており、犀星のこだわりが感じられます。
この初版本は、今は「国立国会図書館デジタルコレクション」で誰でもが読むことができます。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1169937

 この「鮎吉・船吉・春吉」は、初版は不詳、再版は2,000部、三版は5,000部印刷されましたが、単行本として「三吉ものがたり」として出版された以降は、「五つの城」に掲載されたのみで、ほとんど目にすることができませんでした。
 その後、没後に出版された創林社刊の「室生犀星童話全集」や、ほるぷ出版の「日本児童文学体系9」に掲載され、比較的容易に目にすることができるようになりました。
装幀は、恩地孝四郎氏によるものです。
 林 土岐男氏著の「犀星襍記(ざっき)」の中で林 土岐男氏自身がこの初版と第5版を所有していた旨の記載があり、その後も出版されていたことが判りました。第5版も2,000部発行との記載があり、結果的に1万部以上発行されていたことになります。さらに第5版と思われる書影がほるぷ出版の「日本児童文学体系9」に掲載されています。このことも「犀星襍記(ざっき)」に記載がありました。

「鮎吉・船吉・春吉」初版 昭和17年4月15日発行 発行部数不詳

この初版には、林 土岐男氏著の「犀星襍記(ざっき)」の中で林 土岐男氏が指摘していますように、鮎吉⇔船吉での誤植が8箇所あります。確認したところ、次の再版では訂正されています。
「鮎吉・船吉・春吉」の初版(函)
「鮎吉・船吉・春吉」の初版(本)
鮎吉・船吉・春吉(初版)
奥附

「鮎吉・船吉・春吉」再版 昭和17年7月30日発行 発行部数 2,000部

再版は、2,000部しか発行されておらず、なかなか手に入れることができません。
再版では、本に「文部省推薦」の文字が表紙右上に印刷されています。函を入手できていませんが、三版では函にも印刷されていることから、同様に印刷されていると思われます。
林 土岐男氏著の「犀星襍記(ざっき)」の中で昭和17年6月に文部省推薦となった旨の記載があり、それに基づいて加刷されたものと思われます。
鮎吉・船吉・春吉(再版)
「文部省推薦」の記載部分
鮎吉・船吉・春吉(再版)本
「文部省推薦」記載
鮎吉・船吉・春吉(再版)奥附

「鮎吉・船吉・春吉」三版 昭和17年11月30日発行 発行部数 5,000部

三版では、奥附の印紙に押してある検印が変わっています。
また、函の厚みも三版が3㎜程度薄くなっています。再版の函がないため、確実ではありませんが再版の本も初版に比較して薄くなっていることから、再版の函も同様に薄いものと思われます。
鮎吉・船吉・春吉(三版)函
中央部に「文部省推薦」の記載
鮎吉・船吉・春吉(三版)本
右上に「文部省推薦」の記載
鮎吉・船吉・春吉(三版)奥附

「鮎吉・船吉・春吉」五版 昭和18年4月30日発行 発行部数 2,000部

この五版では、カバー装に変更されています。四版が入手できていないため、変更が四版で行われたか、この五版で行われたかは判っていません。
「犀星襍記(ざっき)」の中で林 土岐男氏も指摘している通り、この五版でも誤植がいくつか残っています。
鮎吉・船吉・春吉(五版)カバー
鮎吉・船吉・春吉(五版)本
鮎吉・船吉・春吉(五版)奥附

【口絵の不思議】
巻頭の大石哲路氏の口絵に初版では入っていなかった「鮭(さけ)取りの小屋」の題名が再版以降に付けられています。再版では、ゴム印で、三版では印刷されています。
この件で、国立国会図書館デジタルコレクションで確認したところ、初版本にもかかわらず、4頁のこの挿絵の下に「鮭(さけ)取りの小屋」の文字が確認できます。ちなみに私の所有する初版3冊は、どれにも入っていませんでした。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1169937
つまり、本来印刷すべき題名を後から、ゴム印で押したもので、初版を含む出荷されていなかったものに押印したものと思われます。
この件で、その理由が判明しました。国立国会図書館デジタルコレクション(旧近代デジタルライブラリー)は国立国会図書館の蔵書で、このことについて林 土岐男氏著の「犀星襍記(ざっき)」の中で、「『昭和十八・四・二十納本帝国』との納入印が押してある」との記載があります。(「犀星襍記(ざっき)」林 土岐男氏著 『鮎吉・船吉・春吉』をめぐって)
なにか理由があり後日収められたため、既に題名の印刷漏れが判明していたことからゴム印を押して納本されたようです。
初版の巻頭の口絵
(口絵題名無し)
再版の口絵下部の題名
(ゴム印)
第三版の口絵下部の題名
(印刷)

三吉ものがたり(鮎吉・船吉・春吉の改題)の写影

装幀および扉の絵などは恩地孝四郎氏ですが、挿絵は青木清氏となっています。
三吉ものがたり(初版)
表紙
三吉ものがたり(初版)
裏表紙
三吉ものがたり(初版)奥附

「鮎吉・船吉・春吉」掲載の本

その他にも以下の著書に収録されています。
五つの城
クラルテ社から昭和23年10月15日に出版されています。
日本児童文学体系9
ほるぷ出版から昭和52年11月20日に出版されています。犀星を含め、島崎藤村、有島武郎氏など6人の作品が掲載されています。
室生犀星童話全集 第一巻(全三巻)
創林社から昭和53年7月7日に出版されています。
「続 鮎吉、船吉、春吉」として収録されています。

フッターイメージ