ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
昭和31年上期に出版された著書

少女の野面
短篇小説集

当初、この作品の題名は「少女野面(をとめのづら)」とつけられていました。(「室生犀星全集 別巻二」p183)
少女の野面(おとめののづら)
鱒書房刊 初版7,000部発行
昭和31年1月31日発行 新書判 カバー
参考価格 2,000 ~ 3,000
入手困難度 ★★
犀星は、昭和31年1月29日の日記に「『少女の野面』出来、これは下等な帯をつけられ、不出来であり、不愉快である。」と書いています。(「室生犀星全集 別巻二」p279)
コバルト新書の1冊として発行されています。
表紙の絵は東郷青児の手によるものですが、残念ながら状態の良いものは少ないようです。
少女の野面(初版)カバー
少女の野面(初版)表紙
少女の野面(初版)奥附

舌を噛み切つた女
短編小説集

舌を噛み切つた女
河出書房刊
昭和31年2月5日発行 新書判 カバー
青空文庫 http://www.aozora.gr.jp/cards/001579/card56454.html
参考価格 2,000 ~ 3,000
入手困難度 ★★
武者小路実篤の装幀です。犀星は、昭和31年1月29日の日記に「『舌を噛み切つた女』出来、先づよい出来なり。」と書いています。(「室生犀星全集 別巻二」p279)
犀星のこの「先づよい出来なり」というのは作品ではなく、本の装幀を指していると思われます。
舌を噛み切つた女(初版)カバー
舌を噛み切つた女(初版)本
室生犀星詩集(初版)奥附

舌を噛み切つた女(新潮文庫) *2
新潮社刊
昭和31年5月25日発行 文庫判 帯
参考価格 1,000 ~ 2,000
入手困難度 ★

舌を噛み切つた女(文庫)表紙
舌を噛み切つた女(文庫)裏表紙
舌を噛み切つた女(文庫)奥附


地獄花(舌を噛み切つた女) 新潮文庫
新潮社刊
昭和31年5月25日発行 文庫判 カバー、内側に帯
参考価格 2,000 ~ 4,000
入手困難度 ★★★
本来、室生犀星の著書にはない「地獄花」の表紙の付いた珍しい?1冊です。背表紙には「~舌を噛み切った女~」との副題(本来は本題のはずですが)が申し訳なさそうに入っています。詳細は「犀星著書収集の記録」ページに記載しています。
地獄花(舌を噛み切つた女)カバー表紙
地獄花(舌を噛み切つた女)カバー裏面
地獄花(舌を噛み切つた女)カバーをはずした状態

王朝日記随筆集(蜻蛉日記)
作品集

王朝日記随筆集 日本国民文学全集7
河出書房刊
昭和31年2月25日発行 菊大判 函
参考価格 1,000 ~ 2,000
入手困難度 ★★

王朝日記随筆集(初版)函
王朝日記随筆集(初版)本
王朝日記随筆集(初版)奥附

王朝日記随筆集 国民の文学7
河出書房新社刊
昭和39年9月20日発行 四六判 函、帯
参考価格 1,000 ~ 2,000
入手困難度 ★★★
「国民の文学」第7巻として新たに出版されました。帯には「王朝の美をいろどる女性愛物語」の記載があります。
王朝日記随筆集(新版)函
王朝日記随筆集(新版)本
王朝日記随筆集(新版)奥附

蜻蛉日記(かげろうにっき) 岩波現代文庫/文芸225
岩波書店刊
平成25年8月20日発行 文庫判 カバー、帯
販売価格 1,040(税別)
入手困難度 現在も購入可能
巻末には、「本書は、一九五六年二月、河出書房より刊行された『日本国民文学全集』7「王朝日記随筆集」に収録された。後に同社から、一九六五年十一月に刊行された『日本文学全集』3にも収録された。本書は、『日本文学全集』3を底本とした」との記載があります。
蜻蛉日記(岩波現代文庫)カバー
蜻蛉日記(岩波現代文庫)本
蜻蛉日記(岩波現代文庫)奥附


妙齢失はず
短篇小説集

妙齢失はず
新潮社刊 初版6,000部発行
昭和31年3月10日発行 B6判 帯
参考価格 2,000 ~ 3,000
入手困難度 ★★
犀星は、昭和31年3月10日の日記に「谷田昌平『妙齢失はず』出来、持参、表紙の女の顔しずみがちにて困る。」と書いています。(「室生犀星全集 別巻二」p284)
やはりこの手の本では、帯付きが非常に少なく貴重です。
妙齢失はず(初版)帯
妙齢失はず(初版)裏表紙
妙齢失はず(初版)奥附

妙齢失はず(別版)
新潮社刊
昭和35年6月25日発行 新書判 カバー
参考価格 1,000 ~ 2,000
入手困難度 ★★★
「ロマン・ブックス」の一冊として新たに出版されました。
妙齢失はず(別版)表紙
妙齢失はず(別版)裏表紙
妙齢失はず(別版)奥附


                  ←前ページ    次ページ→

フッターイメージ