ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
昭和2~3年に出版された著書

故郷図絵集
詩集

故郷図絵集
椎之木社刊
昭和2年6月1日発行 四六判 カバー装 薄紙表紙 角背
国立国会図書館デジタルコレクション 公開なし
参考価格 80,000 ~ *150,000
入手困難度 
★★★★★
この通常版もカバー附はなかなか市場にはでてきません。以前厚紙表紙の通常版も市場にでており、各種異装本も存在するようです。
冬至書房より近代文芸復刻叢刊として復刻版が出版されています。
冬至書房刊の復刻版との見分け方については、「故郷図絵集の真贋」の頁を参照してください。

この「故郷図絵集」について「室生犀星全詩集」(昭和三十七年三月十日 筑摩書房刊)の巻末の「解説」で犀星自身が、以下のように記しています。
「金沢滞在中の作品。殆んどの毎日が山河の景色に魅了されてゐたため、詩も其処に惹かれて書かれたが、詩集『鶴』の気配ひがここに早くも漂泊してゐる。金沢では冬から冬へと二度の冬を送迎したので、幼年風の印象が深刻であつたのである。詠嘆感激が心に沈みこんで文学といふものが地方にあつては成長しないことが、一つの憂愁になつて私を懸念させてゐたものの、その間に詩だけは絶えず書かれてゐて恙なきを得たのは意外であつた。も一つは幼少の時から見なれた風景のこまかいしがらみは、成長した後にも、ずつと奥の方に生きてゐて、ひとたび、その物に打つかると開くものは開いて包みこんだら、向ふではなさないのである。書体は小冊。」

故郷図絵集 初版(カバー)
故郷図絵集 初版(本)
故郷図絵集 初版(奥附)

故郷図絵集 特製50部限定本
椎之木社刊
昭和2年6月1日発行 カバー
参考価格 特製50部限定本 200,000 ~ *400,000
入手困難度 
★★★★★
通常本と特製50部限定本があります。書影は、特製50部限定本です。残念ながら状態もあまり良くなく、薄紙カバーも欠けています。
「室生犀星文学アルバム」(大田区立郷土博物館刊)など多くの参考文献においてもこの布装厚紙表紙のものの書影が掲載されています。以前もある神田の古書店で目にしましたが、この装幀の通常版が数多く存在するようです。
故郷図絵集 特製50部限定本
初版(本表紙)
故郷図絵集 特製50部限定本
初版(中表紙)
故郷図絵集 特製50部限定本
初版(奥附)

【特製本と通常版の奥附拡大写真】
左の特製本の奥附には、「故郷図絵集」の本の題名とともに「特製本1-50」の記載があります。NO.についての記載はありません。
また、右側の通常版と検印が異なっているのが判ります。

故郷図絵集(復刻) 近代文芸復刻叢刊
冬至書房刊
昭和48年8月20日発行 カバー、別冊解説、十九春詩集、外函
参考価格 1,000 ~ 2,000
入手困難度 ★
室生朝子氏著の「詩の初出について」の栞がついています。「故郷図絵集」と「十九春詩集」の解説が収録されています。
故郷図絵集(復刻)カバー
故郷図絵集(復刻)本
故郷図絵集(復刻)奥附

庭を造る人
随筆集(小説他)

庭を造る人
改造社
昭和2年6月18日発行 四六判 函
装幀 岸田劉生
国立国会図書館デジタルコレクション http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1176325
青空文庫 http://www.aozora.gr.jp/cards/001579/card53537.html
参考価格 8,000 ~ 20,000
入手困難度 ★★★
比較的市場に流通しており、容易に入手可能です。
庭を造る人 本
庭を造る人 函
庭を造る人 奥附


庭をつくる人(庭を造る人の別版)
ウェッジ文庫刊
平成21年6月30日発行 文庫判 カバー、帯
販売価格 800
入手困難度
庭を造る人の別版(文庫)です。当時の岸田劉生氏の装幀のイメージで文庫化されています。巻末には久保忠夫氏の解説があります。
庭をつくる人 カバー
庭をつくる人 本
庭をつくる人 奥附


芭蕉襍記(ざっき)初版
随筆、評論集

芭蕉襍記(ざっき)
武蔵野書店
昭和3年5月16日発行 四六判 函
装幀 著者
国立国会図書館デジタルコレクション http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1914578
参考価格 8,000 ~ 20,000
入手困難度 ★★★★
挟み込まれていた室生犀星の名刺から、堀口大學氏の旧蔵書と思われる初版本を3,000円で購入。
名刺には自筆で堀口大學様との記載がされています。
「室生犀星全集別冊1」に掲載の日記において昭和3年7月28日に堀口氏との書籍のやり取りの記載あり、これもその1冊だと思われます。
また、この時代としてはめずらしく再版も出版されています。
芭蕉襍記(初版)本
堀口大學氏の旧蔵書(?)
芭蕉襍記(初版)函
芭蕉襍記(初版)奥附

左は、芭蕉襍記(初版)に添付されていた犀星の名刺です。
犀星はよく著書を知人に配っていたようです。
「室生犀星全集別冊1、2」に掲載されている日記には、ときどき寄贈先の名前がでてきます。
住所は削除してあります。


芭蕉襍記(別版)
三笠書房刊
昭和17年3月10日発行 B6判 カバー
国立国会図書館デジタルコレクション http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1128359
参考価格 1,000 ~ 2,000
入手困難度 ★★

芭蕉襍記(別版)カバー
芭蕉襍記(別版)本
芭蕉襍記(別版)奥附

詩集


素人社書屋刊
昭和3年9月15日発行 四六判 函
装幀 恩地孝四郎
国立国会図書館デジタルコレクション http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1175683
参考価格 40,000 ~ 60,000(限定46部本 200,000)
入手困難度 ★★★★
初版一千部発行されています。その他に特別限定46部本があります。
特別限定46部本が先日ヤフオクに出品されていました。本の装幀は非常に綺麗です。
鶴(初版)本
鶴(初版)函
鶴(初版)奥附

この「鶴」について「室生犀星全詩集」(昭和三十七年三月十日 筑摩書房刊)の巻末の「解説」で犀星自身が、以下のように記しています。
「『鶴』の序文に「自分は巻頭諸作品に於て自分の中に膠着してゐる何物かを蹶破る気持を持ち、それに打つかつて行つたのが最近の私である」と記し、また「本詩集の『山河抄』は震災後(大正十二年十三年)金沢滞留中の詩作になり『故郷図絵集』の中に集編の上、その同系統を全うすべきであつたが、これ又出版の都合上刻愛し、幸、本詩集に編入することを得たのである」と書いてゐる。
 『鶴』では私は些かの立直りを示し、傍ら『故郷図絵集』の故郷への耳をそば立て壮年期にあらためて 聴くべく見るものを捉へようとしてゐた。この二面の鏡は何時も私の用意の中に潜んでゐて、どう処置すべくもなく私のこころに触れてゐる。恰も震災後の日本は 大戦の或る時期の混乱と欠乏が、初めて明治以来の安泰を瞬時に叩き潰して訪づれてゐたからその間の展 望は悉く傷ついてゐたのである。」


                 ←前ページ    次ページ→

フッターイメージ