ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
抒情小曲集の真贋

「抒情小曲集」は室生犀星の詩集の中で最も人気のある詩集で、復刻も3種類出版されています。しかも、復刻の表示もないものもあり、悪意が無くても復刻の外函がない状態で流通すると真贋も区別がつかいない可能性もあります。

詩集「抒情小曲集」のオリジナル版と復刻版の比較
詩集「抒情小曲集」のオリジナル版(上)と復刻版(下)を並べてみました。いくつか違いがあることがわかりますか。実は、この写真のサイズでも区別がつきます。
復刻版の中には、「復刻版」との記載がないものもあり、オリジナルと区別するために敢えて違いをつけているようです。
先日も、ヤフオクに初版の「抒情小曲集」函欠が出品されていました。

【オリジナルと復刻版の見分け方】
それぞれ、オリジナルと各復刻版との見分け方を記載しています。
個体により違いがある可能性がありますので、あくまで参考として考えてください。

○愛の詩集
○抒情小曲集
○性に眼覚める頃
○蒼白き巣窟
○故郷図絵集
○鉄集
○十九春詩集
○動物詩集
○哈爾濱詩集
次に、簡単に見極める方法を記載します。

奥附の比較

実は、冬至書房刊の復原版の奥附には、復刻の記載がありません。他の復刻版は奥附の下にそれぞれ以下の写真のように記載がありますので、容易に区別が付きます。
冬至書房刊
復原版
近代文学館社刊
名著復刻文学全集
日本近代文学館社刊
(ほるぷ出版) 復刻版

それでは、冬至書房刊の復原版と感情詩社刊の本物の区別はどのようにしたらよいのでしょうか。
確実なのは、下の写真にあるように厚紙表紙の貼り付け部分の芯で簡単に判ります。本物以外はビニール系の包帯のように編んだものを利用していますが、本物は紙を使っています。
これ以外にも、巻頭の楽譜の写真印刷の違いなど丁寧に見ていくといくつか違いがありますが、この部分が最もわかりやすい部分です。
感情詩社刊のオリジナル
冬至書房刊の復原版

表紙の比較
オリジナルと区別するために敢えて違いをつけているようです。何箇所かありますが、わかりますか?本の表紙には、わかり易いところで区別するポイントが2箇所あります。
感情詩社刊のオリジナル(函、本)
冬至書房刊の復原版(函、本)


函の比較
外函、函は左より、感情詩社オリジナル、復原版(冬至書房刊)、復刻版(近代文学館社刊)、復刻版(ほるぷ出版刊)
函の背に張られた題紙の位置や大きさが微妙に異なっています。
「抒情小曲集」各種外函背
「抒情小曲集」各種函背
日本近代文学館社刊(ほるぷ出版)復刻版函

フッターイメージ